妊婦と産後ママの関節痛あるある

妊娠初期症状の一つに関節痛があります。

私は感じなかったのですが、なんと妊婦の80%は関節痛を経験しているそうです。

妊娠すると母体は赤ちゃんを産む準備を始めるのですが赤ちゃんに栄養を送る他、お母さん自身の骨格も赤ちゃんを産むために変化していきます。

僅かですが妊娠初期にも骨盤は成長します。

これは赤ちゃんを無事出産する為に関節の可動域を広げているのです。

その進行が急ピッチで行われるので、股関節に痛みが生じてしまうのです。

妊娠後期に入ると、本格的に出産を迎える準備に入るので骨盤はぐらぐらし、股関節だけではなく腰にまで負担が掛かります。

妊娠している時は薬で痛みを抑えるという事が出来ませんので、痛む関節の辺りを手のひらで撫でたり、湯船に浸かって体を温めたり、ストレッチをしたりすると良いでしょう。

お母さんが『痛い、痛い』と苦しむと、お腹の中にいる赤ちゃんはその気持ちを感じ取ってしまうので『痛い』と思ったら無理せず、横になって休息を取りましょう。

赤ちゃんを無事出産してから1年ほどの間は、関節のきしみや痛みを起こしやすい時期です。

原因は授乳によるカルシウム不足とホルモンバランスの変化にあります。

特に膝と腰に痛みを感じやすいでしょう。

腰痛の場合は骨盤の歪みからくるもので、膝の関節痛は慣れない赤ちゃんの世話でお母さんの足腰に負担を掛けてしまっているからです。

赤ちゃんを抱っこしたり、赤ちゃんを抱えて座ったり立ったりと、お母さんの膝には今までにない負担が生じているのです。

赤ちゃんはこれから続々と体重が増えてくるので、早めに整形外科を受診し適切な治療を受ける事をお勧めします。

軽度であれば短期間で治りますし、時にはお父さんも育児を手伝い、お母さんを休ませてあげてくださいね。

産後は関節痛の他にも、お母さんの体には様々な変化が起こっているので、とてもお疲れなのです。

あと、これは極めて稀ですが出産を機に膠原病を発病してしまったというケースもありますので、多寡が関節痛と侮ってはいけませんよ!

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.